これから結婚を考えている人へ。 結婚に関してのお役立ち情報を発信。 結婚の準備に必要なノウハウなど。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚前に、健康のブライダルチェック


結婚前に、健康ブライダルチェックは必要なのでしょうか。
気にする人はお互いにブライダルチェックをしておくカップルも増えつつあります。

健康とは新生活をスタートさせるのに大切なことです。

ふたりの生活が穏やかで幸せであるためにいつまでも健康であることが幸せの条件とも言えます。

元気な暮らしが送れると自然に笑顔も出てくるものです。

一方が病気で寝込んでしまったら、もう一方には看病介護など大きな負担がかかります。
妻が専業主婦の場合、夫が入院してしまったら収入の心配はもちろん、生活に困ることにもなりかねません。喧嘩も耐えなくなってしまうでしょう。幸せな毎日を過ごす基本として、健康管理はしっかりしておかなければいけませんね。

出産を控えた女性は特に、注意しなければなりません。
女性は、妊娠出産、そして子育てがあります。結婚前に婦人科などの検査も行い、自分の身体についてよ調べておいた方が安心です。病院によってはブライダルチェックのコースがある所も増えてきました。
かかりつけの病院を見つけられれば、ますます安心です。

結婚後すぐに子供が欲しいと思っているなら検査にも時間と日数もかかるので早めの検査をお勧めします。

内容費用はクリニックによって異なりますので、何件かの病院を調べて事前に確認してください。

また、妊娠中は歯の治療も大変です。薬なども制限されるので虫歯も完治させておきましょう。

結婚式直前は準備にあわただしく、病院に行く時間より、準備しなければいけないことがたくさん出てきます。時間的にゆとりのある時期に済ませておくことをお勧めします。

ブライダルチェックで行う検査は何をするのでしょう。主なものとして、貧血検査、血液検査、風疹抗体価検査、HIV(エイズ)検査、エックス線(レントゲン)検査、トキソプラズマ検査、B型肝炎抗体検査、
子宮卵巣部超音波検査、クラミジア検査
、などがあります。

妊娠中女性の体は急激に変化します。貧血になりやすかったり、流産の恐れもあるので、必ず検査を受けましょう。



結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ
スポンサーサイト

ブライダルエステで結婚準備


綺麗な姿結婚式がしたい。今、ブライダルエステが流行っていることはご存知でしょうか。
リフレッシュも兼ねてブライダルエステはとても人気があります。

白無垢ドレスなど、白をメインとして行われる結婚式は、女性が白い衣装を着る事がとても多く、肌の色が白い方が美しく似合います。準備期間中はなるべく日焼けをさけ、UV対策など、ホワイトニングの手入れはしっかり行いましょう。

そこでお勧め出来るのがブライダルエステです。プロによるエステ美肌の効果も早く、肌は美しくなり、化粧のりもよくなります。結婚準備中は慌ただしくなります。リフレッシュもかねて、ブライダルエステはお勧めです。
エステサロンによって、ブライダルコースが用意されているサロンもあります。

ホテルや式場内にもサロンが完備されてある所があります。

婚礼プランエステが一緒に含まれていたり、割引特権無料サービスなどが用意されている場合も多いです。結婚式の打ち合わせにホテルに出向いた際、エステも利用できるようになっているのでとても便利です。各挙式に聞いてみるのもいいでしょう。

顔だけでなく、腕や胸元の手入れも忘れてはいけない箇所です。

手と首はもちろん、胸元(デコルテ)の手入れも忘れずに行いましょう。

首は髪の毛をアップにした場合に目立ちます。胸元は大きく開いたデザインドレスを着る時に注意しましょう。綺麗にエステされた体は自分に自信がつき美しく着こなせることでしょう。

また、和装の場合のカツラ合わせはこの時期に行います。

カツラ合わせの後はヘアスタイルを極端に変えないようにして下さい。ヘアカラーも禁物です。

カツラが合わなくなる場合があるので、少しの間、美容室は我慢ですね。

また、結婚式間際に顔や襟足の産毛を剃る場合があります。肌の弱い人はカミソリ負けをした時に肌が赤くただれてしまうことがあるので直前は避けましょう。余裕を見てお手入れをして下さいね。



結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ

結婚準備と新婚旅行の決定


結婚の準備では新婚旅行の事ももまとめて考えて行かなければなりませんね。どれくらいの予算の旅行にするかで日数などと照らし合わせて行き先を決めていきます。

一般的には挙式披露宴の後に旅立ちます。結婚の記念となる旅行が新婚旅行ハネムーンです。

しかし、結婚式後も大型の連休を取れることも少なく、仕事の都合などで時間を置いてから出かけるケースもあります。また旅行に行かないカップルも増えているようです。

なかなか二人同時期に、まとまった休みというものはとりずらく、このチャンスを逃してしまうと、その先も旅行に行くことが出来なくなってしまいます。結婚式直後の休みは前もって勤め先に休暇をもらえるようにお願いしたほうがいいかもしれませんね。

のんびりと楽しい思い出作りの旅行に出かけてください。

挙式新婚旅行を一緒にしてしまうことで、海外でのチャペル挙式をすることもできます。

ハネムーンツアーの特徴としては、飛行機がビジネスクラスだったり華やかなスイートルームに宿泊したりと、普段は味わうことのない豪華な内容であることです。

費用は少し高めですが、こんな時は少し贅沢をしてもいいかと思います。

もちろん自分たちで手配しての旅行もOKですし、一般のツアーや、国内旅行でもOKです。

二人の予算や、目的など、旅行出来る日数を考えながら選んで下さいね。

新婚旅行人気のエリアは年によって変化します。

行き先に迷ったら、旅行代理店で調べたり、友達に意見を聞いたりして参考にしましょう。

海外旅行にはパスポートは絶対必要ですね。
発行するまでに2週間ほどかかるので事前に準備してください。

パスポートの有効期限に条件が付くところもあります。行き先にもよりますが、よく調べて下さいね。

また結婚に出発する場合は姓が変わっているので、入籍後戸籍謄本が必要となります。
入籍前に出かける場合は、結婚の姓のパスポートでOKです。
パスポートを取得するのにもいろいろ大変です。

海外旅行が初めてならば、日本語が通じやすいエリアの選択をお勧めします。
ハワイグアムなどがいいでしょう。

ロサンゼルスフロリダラスベガス、は有名なテーマパークがメインです。遊ぶのをメインにするなら、お勧めです。



結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ

結婚準備にかかせない演出や小物のオーダー


演出小物を上手につかって、自分たちだけの会場作りをしたりすることがあります。

披露宴会場の入り口に置くウェルカムボードは、はじめに招待した方に見てもらう物です。

席札にたてるスタンドなどなどは、なくても困らない物ですが、かわいらしくアレンジを加えることで、鮮やかにオシャレに変身し、演出する小物の一つとなります。

少し手を加えることで印象も変わります。

最近では会場で使われるアイテムも増え、さまざまな小物を使うことによりセレクトの範囲が広がりました。その中でお気に入りの物を見つけて、自分たちのイメージにピッタリな演出に活躍させてください。

結婚式場はもちろんですが、百貨店、衣装店、専門店、総合雑貨店などでも手に入ります。

コンパルでも扱っていますし、展示しているカウンターもあるので、式場相談の際、合間を見つけて見たりすることも出来るでしょう。

演出小物の一例を少しだけ紹介します。

ウェルカムボードとは受付のそばに立てて置きます。招待した方をご案内するボードになります。
写真を使いメッセージを加えたり、イラストを入れたりと、いろいろなアレンジが出来ます。  

リングピローとは結婚指輪を置いておくピロー。普段あまり聞きなれない言葉ですね。
白い布のクッションが基本になります。
ですが神前式にも合うようにしたり、生花で作った物もあり、和風タイプなどと様々です。

ガーターベルトとは新婦の足につけておきます。演出の一つとして挙式後に新郎が手探りではずし、未婚の男性に投げるガータートスで使われることがあります。

著名ペン結婚証明書にサインしてお披露目する時に使われます。招待客の方々も著名するペンです。
ペンの中にも、羽が付いた豪華なものからクラシックなデザインまでいろいろな種類があります。


ウエディングアニマルとは会場をぎやかにするために、婚礼衣装をつけた動物のぬいぐるみのことを言います。中でもクマさんが1番人気のようです。

そして席札スタンド。招待客の席を名前を書いて表わした席札をたてる小さなスタンドのことを言います。席札スタンドも和洋それぞれタイプが違います。

ナフキンリングとは名前の通り、お膝元にかけるものですね。シンプルなデザインや、ベアがついたかわいいものまでバリエーションの幅はとても広いです。

新居案内カードなどもございます。お開きのお見送りの際にお渡しします。
新居の住所などメッセージを添えて書いたカードのことです。


結婚準備での仲人の依頼


仲人の依頼はどうやって進めて行くのでしょうか。

仲人をお願いしたい人とは、自分たちが最も尊敬出来る方にお願いする場合がほとんどです。

勤め先の上司恩師日頃からお世話になっているご夫婦新郎新婦にとってかかわりの深い方にお願いするのが一般的です。

仲人を依頼する場合、電話や手紙、口頭で最初に気持ちを伝え、その後あらためてふたりそろって自宅を訪問し、お願いしましょう。

仲人とは結婚を正式にまとめる人(夫婦)の事を言います結婚する二人の間に立って頂く方々です。

別の呼び方で媒酌人とも言われます。

結婚準備の際、費用やお金について話を進めなければなりません。両家が直接話しにくいことや、結納の進行役など間に入ってまとめてくれる人が仲人です。

結婚式では披露宴に来ていただいた方に、仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴などが紹介されます。
挙式の時は、仲人婦人花嫁のそばについて、介添えをします。

結婚した後も、人生の先輩として、ふたりの力になってくれる存在です。

お見合い結婚の場合まどは、ふたりを引き合わせた人に仲人をお願いする事が多いようです。

最近では、結納の儀式が簡略化されたり簡単に済ませてしまうことも少なくありません。結婚式当日だけ仲人をお願いするケースも増えて来ています。頼まれ仲人とも呼びます。

形だけの仲人さんなら頼まなくてもいいと、最初からない形として結婚式を執り行う場合もあるようです。

仲人をたてるか、たてないかは、自分たちだけでなく、それぞれの両親も交えてよく話し合ったほうがいいですね。

仲人をたてない場合は、友人に司会をお願いしたり、式場のスタッフが司会進行を務める場合もあります。

最近ではこのようなケースも増えてきています。。


結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ



Copyright © 結婚を考えている人へ。お役立ち情報。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。