これから結婚を考えている人へ。 結婚に関してのお役立ち情報を発信。 結婚の準備に必要なノウハウなど。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚準備の前に知りたいレストランウエディングの費用


ちょっとしたパーティ形式にしたい時に使われるレストランウエディング

レストランウエディングは、ホテルや結婚式場よりも、比較的安い金額で、結婚式を挙げることが出来ます。しかし、同じレストランウエディングでも会場やホテルによって費用が大きく違ってきます。

レストランウエディングの場合はバリエーションの幅が広く、本格的なスタイルからカジュアルなスタイルまで、挙式スタイルに制限がありません。その為に、ホテルや結婚式場よりも、費用の開きが大きくなってしまいます。
レストランウエディング費用は、どれくらいかかるのかを参考にして頂く為に、ここで少し説明したいと思います。いろいろなスタイルがあるのであくまでも目安に考えて下さいね。

広い庭園で行うアットホームなガーデンスタイルでのレストランウエディングの場合、ウエディングペーパーアイテムやアクセサリーなど、作れる小物はほとんど手作りで行います。費用最小限に抑えたシンプルな結婚式です。また、挙式を行う場合も同じ会場の庭園で、人前式スタイルで行われます。

知人に頼んでおきたい事は披露宴の司会者、人前式の司会進行係、音響担当、スナップ写真の撮影やビデオ撮影などが主です。

だいたいの総額で160万円ぐらいが相場となります。ここで、レストランウエディング費用と、結婚式場やホテルで行った場合の費用を比較すると倍ぐらい差が出ます。

前途の通り、ここで紹介した費用は、アットホームをテーマとしたシンプルな結婚式の場合です。同じ条件単純な比較が出来ないために大体の費用の紹介になりましたが、ご了承頂きたく思います。


結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ


スポンサーサイト

結婚準備と結婚式の節約術


結婚式は自分たちでどこまで節約できるのでしょうか。節約できるなら費用最小限度抑えたいものです。

結婚式披露宴はちょっとした出費感覚で出来る事ではありません。かなりのお金がかかります。

例えば、セレモニー用のウエディングケーキ。このケーキを生ケーキに変更する事で料金がアップします。

せっかくの結婚式は、おしゃれでかわいい生ケーキが人気ですが、節約するポイントでもあります。

生ケーキになると、セレモニー用のウエディングケーキよりも大きさは小さく、見た目の派手さもセレモニー用のウエディングケーキと大きく違ってきます。特にこだわりがなければ、セレモニー用のウエディングケーキを選んだほうが節約にもなるでしょう。

ただし、節約するといっても、ケーキ入刀をした後、ゲストにケーキを出しますね。

ここでケーキを出さない方向にしてしまうことは避けたほうがいいでしょう。

自分が招待客の側に立った時のことを考えてください。ケーキは出されたら嬉しいものです。

お持ち帰り用ケーキを用意する場合は一つ350円くらいです。80名でも28000円。
ここは節約せずにお持ち帰り用ケーキを用意したほうがいいでしょう。

ランクをダウンさせる程度なら、招待客に気付かれない事もありますが、無いと誰でもわかるものです。

セレモニー用のケーキは、料金が3万5千円程度です。プラスお持ち帰り用ケーキが2万8千円前後。
合計で6万5千円くらいの料金になります。

生ケーキは、10万円前後が相場です。

約4万円節約出来てしまうのです。

ポイントとして、招待客にあからさまにわかる部分節約しないほうがいいですね。

わからないようにそっと節約するのが上手な節約術です。

ケーキの部分で節約したり、ほかの所でも節約出来たら、浮いた分かすかな贅沢も出来てしまいます。

新婚旅行のグレードをあげることも可能になります。新生活にお金を回すのもいいですね。

上手なお金の使い方をしてくださいね。

Copyright © 結婚を考えている人へ。お役立ち情報。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。