これから結婚を考えている人へ。 結婚に関してのお役立ち情報を発信。 結婚の準備に必要なノウハウなど。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚準備での仲人の依頼


仲人の依頼はどうやって進めて行くのでしょうか。

仲人をお願いしたい人とは、自分たちが最も尊敬出来る方にお願いする場合がほとんどです。

勤め先の上司恩師日頃からお世話になっているご夫婦新郎新婦にとってかかわりの深い方にお願いするのが一般的です。

仲人を依頼する場合、電話や手紙、口頭で最初に気持ちを伝え、その後あらためてふたりそろって自宅を訪問し、お願いしましょう。

仲人とは結婚を正式にまとめる人(夫婦)の事を言います結婚する二人の間に立って頂く方々です。

別の呼び方で媒酌人とも言われます。

結婚準備の際、費用やお金について話を進めなければなりません。両家が直接話しにくいことや、結納の進行役など間に入ってまとめてくれる人が仲人です。

結婚式では披露宴に来ていただいた方に、仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴などが紹介されます。
挙式の時は、仲人婦人花嫁のそばについて、介添えをします。

結婚した後も、人生の先輩として、ふたりの力になってくれる存在です。

お見合い結婚の場合まどは、ふたりを引き合わせた人に仲人をお願いする事が多いようです。

最近では、結納の儀式が簡略化されたり簡単に済ませてしまうことも少なくありません。結婚式当日だけ仲人をお願いするケースも増えて来ています。頼まれ仲人とも呼びます。

形だけの仲人さんなら頼まなくてもいいと、最初からない形として結婚式を執り行う場合もあるようです。

仲人をたてるか、たてないかは、自分たちだけでなく、それぞれの両親も交えてよく話し合ったほうがいいですね。

仲人をたてない場合は、友人に司会をお願いしたり、式場のスタッフが司会進行を務める場合もあります。

最近ではこのようなケースも増えてきています。。


結婚を考えている人へ。お役立ち情報。のトップへ



スポンサーサイト
Copyright © 結婚を考えている人へ。お役立ち情報。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。